日本でバイリンガルな子供を育てるには|早期英語教育のあり方

子供をバイリンガルに育てると聞くと、プリスクールやインターナショナルスクールで本格的な英語教育をしなくてはいけないと思っている方が多いのではないでしょうか?

もちろん、プリスクールやインターナショナルスクールに通うことは、とても効果的な方法です。しかし、バイリンガルな子供を育てるためには、その他にもさまざまなな手段・方法があります。

ここでは、子供の早期英語学習について説明し、バイリンガルを目指す子供たちにおすすめの英語教材をご紹介していきます!

子供をバイリンガルに育てたい、早期英語学習に興味があるという方はぜひ参考にしてください。

バイリンガルとは

まずは、バイリンガルとはどのような状態のことなのか、その定義を説明します。

「バイリンガル」とは、2ヶ国語を自由に話す人、話すことを指します。明確な基準はありませんが、日本語と英語、どちらも母国語レベルで話すことができ、読み書きや、文化の理解まで、さまざまなシーンで自由にコミュニケーションがとれる状態のことです。

家庭や社会の状況で自然と二ヶ国語を習得する場合と、教育によって二ヶ国語を習得しバイリンガルになる場合があります。

バイリンガルとは?

  • 2ヶ国語(日本語 英語)を自由に話すことができる
  • さまざまなシーンで2ヶ国語のコミュニケーションがきちんととれる
  • 家庭環境で自然と習得する場合と、教育によって習得する場合がある

英語はいつから学び始めるのがいいの?

早期英語教育が良いとよく耳にするけれど、いつから英語教育を始めたたらいいのか分からない方も多いと思います。

子供をバイリンガルに育てたいと思っている場合、できる限り早く0歳から英語教育を始めることをおすすめします。

その理由は2つ。1つは英語耳の習得のため、2つめは抵抗なく自然と英語に親しみ習得するためです。

英語耳の習得

英語耳とは英語の正しい発音を聞き分ける能力のことです。この英語耳の習得は0歳の英語教育が大きく影響とすると考えられています。

英語の発音を日本人が難しいと感じる原因のひとつが、言語の周波数の違いです。0歳の時に耳にする言葉や音が、周波数の違いを理解し、聞き分ける能力を身に付ける上で大きく影響するという研究結果があります。

 

その研究結果からも分かるように、赤ちゃんの頃から正しい発音を耳にすることが英語耳の習得に非常に効果的です。

0歳を過ぎた後も、幼児期は多くの言葉や表現を聞いて学び、習得する、成長が著しい時期です。その幼児期に正しい英語を聞く、話す経験を継続的に積むことがポイント!英語耳習得のためにできる限り早く英語学習を始めましょう!

抵抗なく英語に親しみ、習得する

英語学習を赤ちゃんの頃から始めることで、英語が自然と生活に馴染み、楽しみながら抵抗なく学ぶことができます。

小学校に上がってからは、英語学習が勉強だと意識してしまい苦手意識や抵抗を感じる子も少なくありません。

英語学習嫌い」を回避するためにも、より早く、できれば0歳、1歳の赤ちゃんの頃からから自然に楽しく英語学習を進める環境づくりが大切です。

子供をバイリンガルに育てるには

子供をバイリンガルに育てるためには、具体的にどのような方法があるのでしょうか?多くの家庭で取り入れている代表的な3つの方法を紹介していきます。

プリスクールやインターナショナルスクールに通う

プリスクールインターナショナルスクールに通い、日常的に英語に親しむ方法がバイリンガルを育てる方法のひとつです。

ネイティブスピーカーの正しい発音を聞く、英語でアウトプットする環境、英語力が伸びる教材やプログラム、総合的な独自のカリキュラムなど、バイリンガルを目指す上で必要な項目が揃っていて、英語力UPの効果も絶大です。

しかし、費用が高いことや毎日通うことになるので日本語を学ぶ時間とのバランス、地域によってはスクールの数が限られていたりと、環境が整わずに通うことを諦める人も多いのが現状…。

プリスクールやインターナショナルスクールに通う場合は、継続して通うことになりますので、慎重に検討することをおすすめします。

自宅で英語学習教材を活用

通信型の英語教材や、DVDやCD映像教材(Youtubeなど)絵本など自宅学習向けの英語教材は数多くあります。

通信型の英語教材や、ワーク、DVD、おもちゃなどセットになったものは、使用方法や使用時間の目安など自宅でもプログラムに沿って勉強を進める手順が提示されていますので英語学習が初めての親御さんでも、取り入れやすいメリットがあります。

絵本やDVD、CD、映像教材(Youtubeなど)は、あまり費用がかからないメリットがありますが、良質な教材かどうかを見極める必要があり、バイリンガル教育のために教材研究をきちんとできる人におすすめです。

子供が幼い時は、自宅で生活の中に取り入れながら英語学習を進めていきたい人も多いと思います。教材を併用したり、スクールと組合せながら使えることもでき、取り入れやすさでは、1番の学習方法です!

オンラインの英会話サービスや英会話スクールに通学

プリスクールやインターナショナルスクールに通うほど本格的ではないけれど、ネイティブスピーカーのレッスンを受けて正しい発音を学びたい、友達と一緒に楽しく英語を学んで欲しいという方に取り入れられているのが、英会話教室に通う方法です。

通う頻度や、講師は日本人講師なのか、ネイティブの外国人講師なのか、どのようなレッスン内容なのかなど、子どもの英語レベル、性格に合う合わないを見極めながらスクール選びをしていくと失敗なく、継続して通う中で、徐々に英語力を磨くことができます。

英会話教室に通う送り迎えが必要なく、自宅で気軽に始めることができるオンライン英会話も人気が高まっています。

オンライン英会話の中にはレッスンを受け放題といった内容のものもあり、上手く活用することで外国

人講師のレッスンを時間や場所を気にせずに毎日受けることも可能…!

英語のインプットもアウトプットもできるとバイリンガルを目指した英語力アップに非常に効果的です。

バイリンガルに子供を育てるおすすめの英語教材

ディズニー英語システム

ご存知の方も多いディズニー英語システムはウォルト・ディズニー社公認のディズニーキャラクターと一緒に学べる英語教材です。

対象年齢は0歳~12歳で推奨される学習時間は2000時間。1日1時間学習した場合に終了までに必要な期間は約6年間です。

 

教材内容は、購入するパッケージによって異なりますがDVD、CD、カード、マジックペンを使った学習がメインとなっていて、教材は全てオールイングリッシュ、日本語解説は一切ありません。

口コミ評価や実績も高いディズニー英語システムは、アメリカのESLプログラムを取り入れた質の高い教材内容が人気で、各教材を連動させながら総合的に英語を学ぶシステムとなっています。

 

メリットの多いディズニー英語システムですが、価格が高いことがデメリット。すべてが揃うパッケージセットを購入すると100万円近い費用が必要となります。

無料体験セットでは、DVDを見て子どもの反応を確認したり内容を具体的に知ることができるため購入を考えている人や、興味がある人はまず、体験セットを申し込むことをおすすめします。

<公式HP>

こどもチャレンジイングリッシュ

こどもチャレンジイングリッシュはしまじろうでお馴染みのこどもちゃれんじが展開する子ども向け英会話教材です。

対象年齢は1歳~6歳。年齢ごとにコースが分かれていて、長年幼児教育に携わってきたノウハウを活用した、発達段階や興味関心にあった教材が子どもたちに人気です。

 

教材内容は、DVD、CD、ワークや付属のおもちゃがメインとなっていて、2ヶ月に1回教材が届くシステムとなっています。

人気の理由は、教材内容の充実、キャラクターの親しみやすさだけでなくリーズナブルな価格にもあり!月額1,467円~で英語の学習ができることから無理なく継続しやすいメリットもあります。

 

入会のタイミングによっては、入会特典が充実していて、退会も自由なことから、子どもの反応や興味関心に合わせて、受講や継続を検討できることも魅力のひとつ!初めての英会話教材におすすめです。

<公式HP>

パルキッズ

パルキッズは対象年齢0歳~8歳聞き流し教材オンライン教材を使った英語のアウトプット学習を合わせた英語学習教材です。

0歳~1歳は聞き流しの教材をメインに進め、2歳~はオンライン教材を使用したアウトプットする学習法が始まります。

 

教材内容はDVDとCDがメイン。1日90分のかけ流しによる英語のインプットと1日3分のオンラインレッスンで、集中力がなかなか続かない、幼少期の子どもでも飽きずに継続しやすい仕組みになっています。

教材には、2年間のオンラインレッスン30ヶ月のサポートも含まれていて、内容によって価格は変わりますが、教材費とサポートも合わせて10万円前後の費用が必要となります。

 

継続して英語学習を習慣にしたい人や、インプットもアウトプットもバランスよく取り入れたい人にはおすすめの英語教材です。

<公式HP>

7+バイリンガル

7+バイリンガルは右脳学習で有名な七田式の勉強メソッドを取り入れた英語学習法です。対象年齢は3歳~12歳で、幼児期から小学生向けの教材となります。

35日間の英語学習で子どもをバイリンガルに育てる、英語を話せるようになる目標で、学習時間は1日たったの7分間!35日間の世界旅行に出かける内容に沿って英語を学びます。

 

英語を勉強しながら、世界地理まで学べて親子で楽しめる教材!と口コミ評価が高いことも特徴のひとつ。

七田式で取り入れられている「400%学習法(学習内容を4回繰り返す)」「高速視・聴・読(右脳を活性化)」など、独自の学習メソッドを体験できます。

 

教材内容はテキストにCD、教材で使用するペンなど、教材内容が充実していながらも、32,780円(税込)というリーズナブルな価格設定で、人気があります。

七田式の学習メソッドに興味のある方や、短期間で集中して英語を学び、バイリンガルを育てる学習のきっかけを作りたいという人におすすめの教材です。

<公式HP>

ワールドワイドキッズ

ワールドワイドキッズはベネッセが提供する乳幼児(0歳~1歳)~小学生向けハイレベル英語教材です。

オールイングリッシュの教材で、ネイティブの子どもと同じ程度の約6000語に触れることができます。

 

ステージ0~ステージ6までステージ毎にテーマが決まっていて、テーマに沿った英語教材が届く仕組みになっています。0歳の子どもはステージ0から、1歳以上の子どもはステージ1からのスタートです。

内容はDVD、CD、おもちゃにワーク、絵本、パズルなど教材内容が充実していて、月額4,500円から。いろいろな教材を使って学べることから、子どもが集中して飽きずに学ぶことができると人気が高い教材です。

 

同じベネッセが提供する教材でも子どもチャレンジイングリッシュと比べて内容も本格的、オールイングリッシュの教材で多くの英単語や英語表現に親しみ、覚えることができます。

通信型の英語教材でより、本格的に0歳~英語学習を始めたい人におすすめです!

<公式HP>

バイリンガルに子供を育てるおすすめの英語CD・DVD

グーミーズ

グミーズは、楽天、Amazonでも口コミ評価が高い人気の幼児向け英語教材DVDです。対象年齢は0歳~7歳、オールイングリッシュの約90分間のDVDで、3,960円という低価格も魅力のひとつ!

「アニメーション」「ことば(単語)」「うた」の3部で構成された3分間のお話が30話収録されています。

 

マシュマロウサギのMoo(ムー)と恐竜グミキャンディーのTino(ティノ)の二人の日常を描いたアニメーションから、英語表現や各項目ごと6語の英単語を学習します。キャラクターの優しいタッチがかわいいと、親子で視聴を楽しむ人も多いようです!

1話3分の短編は、子どもが飽きずに集中して見ている、隙間時間を有効活用して英語学習ができる!と口コミから人気がひろがっています。

 

メインの教材にプラスαで活用したり、赤ちゃんの掛け流し英語教材としてもおすすめのDVDです。

ミライコイングリッシュ

ミライコイングリッシュはHNK基礎英語の講師が監修したオールイングリッシュのDVD教材です。

対象年齢は0歳~8歳で、1日30分の学習を約2年間継続することでネイティブの発音を学び、身につけることを目標としたプログラムになっています。

 

具体的な学習方法は、30分間のDVD視聴オンライン教材のアウトプットを繰り返す方法で、毎日継続することで、英語学習が習慣化するメリットがあります。

15枚のDVDと3枚のCD、シールなどがセットになっていて58,600円(税込み)。月額にすると2,400円とリーズナブルな価格も魅力のひとつです。

無料サンプルで、本編映像が約8分間見ることができますので、興味がある方や購入を検討している人は、事前に確認してみましょう。

 

0さいからのえいごシャワー~赤ちゃんとママの聞き流し英語~

0さいからのえいごシャワーはマザーグースなど子どもが親しみやすい英語の曲を30曲収録した英語のCD教材です。

楽しい遊び歌だけでなく。動物の鳴き声や英語のフレーズも含まれ赤ちゃんの気を引き、飽きずに楽しめる内容となっています。

 

優しくシンプルな歌がたくさん入っていますので、0歳の赤ちゃんでも楽しむことができ、胎教用CDとしても人気です。

車での移動中やお家の中でも、CDのタイトルにもあるように、聞き流し教材として利用する方法がおすすめ!

 

聞き流しであれば、寝る前や食事中など他のことをしながら耳で聞いて英語を吸収できるので、乳児期からの英語耳習得のための教材として活用できます!みんなが知っている英語の曲がたくさん収録されていますので、赤ちゃんだけでなく幼児期の子どもの英語教材としてもおすすめです。

Super Simple Songs

Youtubeチャンネルでお馴染みのスーパーシンプルソングですが、CDやDVDも販売されています。

スーパーシンプルソングのシリーズは、親しみやすいキャラクターにテンポが早すぎず、子どもがリズムに乗ったり、歌ったりしやすい英語ソングがたくさん収録されています。

 

CD・DVDにはそれぞれ20曲が収録されています。CDは一枚は英語ソング、一枚はカラオケ版の2枚組。ダウンロード可能な無料の副教材が付いていますので、音楽を聴くだけでなく、副教材も上手く利用すればアウトプットの学習も可能です!

お気に入りのコンテンツを繰り返し見たい場合や、車で聞きたいときなど、DVDやCDを活用することで、さまざまなシーンで英語の歌に親しむことができて、聞き流し教材として生活に取り入れることもできます。Youtubeチャンネルの視聴と合わせて活用する方法がおすすめです!

Little Baby Bum

Little Baby BumはYoutubeの再生回数110億回以上を記録した英語ソングのDVDです。

3Dのカラフルなキャラクターとお馴染みの英語ソングの組み合わせで、子どもたちが親しみやすく、歌って踊って楽しむことができると口コミが高く人気が高い英語教材です。

 

人気ソング37曲が収録されていて、日本語の小冊子が付いています。英語の歌は歌詞が分からない、聞き取れないと悩む英語が苦手な親御さんも安心。分からない単語や表現は冊子ですぐに確認することができます。

DVDに絵本が付いたお得なセットもありますので、見て、聞いて、歌って踊って、さまざまな活動を通して総合的に英語を学びたい方はセット販売がおすすめです!子どもだけでなく、親も一緒になって歌って踊って楽しめる、楽しい英語教材です。

子供の早期英語教育で注意したいこと

子供に早期英語教育を行う場合、注意したいポイントが2つあります。ひとつは、母国語である日本語の教育とのバランスを考えること、もうひとつは、親子でコミュニケーションを大切にしながら英語学習を進めていくことです。

母国語の日本語教育を大切にすること

幼少期からオールイングリッシュの空間で日常を過ごしたり、英語学習を積極的に行うことで、日本語の理解力が未発達の状態となり、日本語の正しい表現がなかなか身につかない、日本語での理解力に乏しいセミリンガル(ダブルリミテッド)になってしまう危険性があります。

乳幼児期は、母国語である日本語を学び、習得していく大切な時期です。第二言語である英語学習を積極的に進めていきながらも、日本語の学習を行う時間もきちんと確保して、セミリンガルになってしまわぬように気をつけましょう。

親子でコミュニケーションを取りながら英語学習をすること

幼少期の英語学習は、聞き流しの学習方法がメインで、DVDやCDを見ているだけの学習方法になってしまう可能性があります。

もちろん聞き流しで英語を自然と耳にする学習法は効果があるのですが、幼少期の英語教育で大切なことは、親と一緒に楽しむこと、コミュニケーションを取りながら進めていくことです。

 

ただ聞くだけ、見るだけの学習方法は子供が飽きてしまう可能性があります。英語の歌をCDで流すのであれば一緒に歌ったり、踊ってみたり、英語の表現を覚えて口に出してみたり。英語が得意不得意は気にせずに、とにかく子供と楽しもうと思う気持ちが大切です。

一緒に楽しむ時間が少しでもあると、子どもたちはより一層英語学習が楽しくなります。環境を工夫し、子どもが楽しく積極的に英語学習を進めていける手助けをしてあげましょう。

まとめ

子どもをバイリンガルに育てるためにはどうしたらよいのか、おすすめの手段や教材、注意点や早期英語教育についてお話しました。

バイリンガルに育てるというと、両親の英語が堪能でインターナショナルスクールに通っているなどのイメージがあるかと思いますが、自宅学習用の本格的な英語教材も種類が増えて充実しています。

 

CDやDVDなどの聞き流し英語教材からスタートしたり、無料レッスン無料セットなどを利用し、どの学習方法が合っているのか比較してから子どもや生活スタイルに合う学習方法選びを行うことがバイリンガルに育てるための第一歩です。

一方的な英語学習になってしまわぬように注意しながら、親子で英語学習を楽しみましょう!

 

 

NO IMAGE

日本最大のプリスクールとママのマッチングメディア
優良プリスクールを約1,000校掲載中!
プリスクールの「資料請求」や「見学・体験申込」ができるサイトです。

CTR IMG